TEAM “TAJI & sabu”

フレンチブルドッグ“タジとサブ”の日常を紹介!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Forever,TAJI 1 to 2 years old   

タジ1歳から2歳の写真を振り返って。

タジにとっては一番楽しく一番幸せだったのかな?
ほぼ毎日いつもの公園へのロング散歩。
もちろん病気なども一切なし。

サブを迎えるまでは家族の愛情を独り占めだったし ねっ♪


taji5622.jpg


公園へ行くと顔見知りのワンちゃんと遊んだり、お昼寝したり、おやつ食べたり(私だけだけど(笑))
いつもの公園のお散歩が、生活の一部になっていました。


家では、かなりのいたずらっ子でした。
テレビのリモコンはいくつ買いなおした事か。。。
他にもメガネ、携帯電話、スリッパ、セーターなどのボタン・・・etc
いたずらの時間帯以外はよく寝てました。
寝る子は育つって言うけど、まさに言葉通りのビッグブヒに成長。

taji5620.jpg


そして何より食べることが大好きブヒ。
お肉を切ったり、キャベツを切ったりすると寝ていても飛び起きてキッチンに来てくれくれアピール。
胴が長いのが功を奏してかなり高いところのものまでチェックできちゃいました。


taji5619.jpg



毎日タジからたくさんの愛をもらい、愛おしくて愛おしくてたまらなくて、
単調に終わっていったであろう毎日を楽しく充実したものにしてくれました。



時々のお出かけも大喜び。
ホームセンターで色々な人に可愛いって言ってもらうとご満悦なタジ。
初めてオフ会に参加して、たくさんのフレンチと遊んでもらって大興奮(タジも飼い主も)
家族で川遊びにも行きました。

taji5625.jpg


taji5626.jpg
たぶんタジの生涯一度きりの飛行犬の写真



1歳の後半からは、サブも仲間に加わりました。


taji5623.jpg

最初は戸惑って逃げ腰だったけど、ゆっくり時間をかけて受け入れてくれました。
赤ちゃんのサブに優しく接してくれて見ていて微笑ましかったです。


taji5624.jpg

こんなほっこりする写真を撮るのが楽しみでした。


タジが寂しくないようにサブを迎えたけど、本当のところどうだったんだろう。
と時々考えることがあります。
いつか天国で会えたら色々聞いてみたいな。




taji5621.jpg

脳腫瘍と分かって少しずつ悪くなると、ソファにも登れなくなりこの様に寝れなくなっていました。
きっと天国にはフカフカのソファがあってゆっくりお昼寝できているのでしょうね。



スポンサーサイト

category: タジ■思い出■

thread: フレンチブルドッグ★ライフ - janre: ペット

tag: フレンチブルドッグ  タジ  脳腫瘍   
tb: 0   cm: --

Forever,TAJI 0 to 1 years old  

2005年6月9日

片目パンチのブルドッグみたいにどっしりしたパイドのパパと
真っ黒でお目目がくりんとした可愛いブリンドルのママとの間に生まれた5人兄弟のタジ

taji5604.jpg
※この画像は7/10生後一ヶ月です。確かパイドちゃんの下敷きになってるのがタジだった記憶が。。。

同じ日にブリーダーさんのところで撮影さえてもらった画像

taji5605.jpg

男の子はタジとクリームの子。残り三匹が女の子でした。

taji5603.jpg

この時は気付かなかったけど、手足が太くて大きくなるのは必然だったのかな?

ブリーダーさんには、次に生まれた男の子お願いします!と頼んでありました。
クリームの子はすでにお家が決まっていたため、選択肢なしでタジがうちの子に決定!


ブリーダーさんがご近所で、毎週のように成長を見せてもらいました。
なかなかできる事ではないと思うので私たちは幸せですね。



タジを迎えた日。8/7

最後に兄弟で遊びました。一緒に遊んでる白い子はサブのママです。
うふふ可愛い♪

taji5606.jpg


家に連れて帰る車の中で誰が抱っこするか!で娘と息子が大喧嘩してたっけ。


最初の日の夜。

taji5607.jpg

タジのママと兄弟が一緒に過ごしたマットをブリーダーさんが持たせてくれて、安心してすやすや。
ご飯食べた後かな?おなかパンパン。



黒いウサギに間違えられてた頃。生後二ヶ月半
頭がとんがってきてみんなで心配してました。笑
taji5609.jpg


taji5617.jpg


家中走り回って大騒ぎして、子犬なのにずっと起きてた子でした。(大人になったらずっと寝てたのにね。)
家具はかじらなかったけど、子供たちの手や足をよく甘噛みしてたな~
ほとんど吠えなかったけど、おしっこはなかなか覚えなかったです。





お散歩デビューして息子といつもの公園へ。

taji5610.jpg


そしてアッという間に成長し生後半年で12キロ

taji5611.jpg


まさかこんなに大きくなるとは想定外だったけど、元気いっぱいで毎日お散歩行くのが楽しくて仕方なかったです。

家では1歳前にしてこんな風に寝てたのですね。

taji5618.jpg




お友達のJRTのダッシュと海にお散歩いったり、

taji5613.jpg


朝霧のドッグランで遊んだり。

taji5615.jpg


このころは誰とでも仲良く遊べて手がかからない子でした。


まだブログも初めてない頃だったのですが、諸先輩のブログを拝見し食事の事やケアの事、病気の事など勉強し、
オフ会やドッグカフェにあこがれている時期でした。



9年も前のことなのに写真を見ると当時のことを鮮明に思い出し懐かしいです。
もう一度赤ちゃんだったタジを抱っこしてみたいな~。



category: タジ

thread: フレンチブルドッグ★ライフ - janre: ペット

tag: フレンチブルドッグ  タジ 
tb: 0   cm: --

サブの様子  

タジが落ち着いていた1月2日の午前中、子供たちにタジを看ていてもらいサブをつれて初詣へ。

ここ数年、お正月はタジサブ連れて初詣に行っていたのですが、今年はタジはお留守番。

初詣はタジの病気の進行ができる限り進まないようお願いし、ペットお守りも用意したのですが残念な結果となってしまいした。

taji5616.jpg
初詣の後千本浜をお散歩。


タジが病気になってから、サブには色々負担がかかっていたと思います。

お散歩の時も、タジのゆっくりのペースに文句も言わず付き合ってくれました。
一緒になってゆっくり歩いてくれて、本当はもっとガツガツ歩きたかったんだろうけどわがままも言わず歩いてくれたので助かりました。

徘徊行動等が出てきて、私とタジがリビングで寝るようになってから、サブは二階でパパと寝てくれました。(ずっと私と寝ていたので、不安だったと思います。(笑))


タジが亡くなってケージから出した時、

サブはタジに近寄り「起きて~起きて~」とワンワン吠えて、耳や足を甘噛みしました。
タジの体を綺麗にしたかったのでサブとはいったん離し、その日はそのままタジとの接触はありませんでした。

次の日の朝、リビングに冷たく硬くなったタジに近づきクンクン。
冷たく硬くなった事に気づき、死んでしまった事が分かったのかすぐにその場を離れてしまいました。


この日は、友人がタジに会いに来てくれたので、サブは実家でお留守番。
夕方迎えに行き、家に帰ってくると、
また「起きて~~起きて~~」とワンワン吠えて、耳を甘噛みし、前足を甘噛みし、耳元で吠えても起きないので、今度は、背中をカリカリしてタジを裏返そうとしていました。

サブはタジが大好きだったし、タジに依存していることが多かったので、
サブにはきちんとタジが亡くなった事を認識して欲しくて、
サブが納得するまで好きなようにさせていました。

30分ぐらいワンワン言ったり、体を起こそうとしてがんばっていましたが、やっと納得したのかその後はほとんど近づかなかったです。

サブは分かったかどうか本当のことは分かりませんが、

私と二人でお散歩に行っても振り返ってタジを探す事もないし、家の中でもタジを探すような事もありません。

ただ、2階の寝室で寝るときだけパパのベッドを覗いてタジがいないかチェックしています。

何年も毎日同じ事していたので、習慣で同じ行動をしているのかな?
それともタジがこっそり来て寝ているのかな?


サブは元気にしていますが、ご飯の催促もしないし、一日中寝ているし、とっても静かです。
やっぱり私もサブもタジがいないと寂しいです。

category: サブ

thread: フレンチブルドッグ★ライフ - janre: ペット

tag: フレンチブルドッグ 
tb: 0   cm: --

脳腫瘍と戦って。  

2015年1月3日、午後9時15分ごろ9歳6ヶ月と28日でタジが逝ってしまってから10日ほど経ちました。

ずいぶん落ち着いてきましたが、落ち着いた分寂しくなってきました。


タジががんばってくれた記録を少し記そうと思います。


12/22の記事に新しい薬が効くとよいのですが。。。と書いたのですが、

その薬に期待する事は、ふらつき等をなくすこと。
胃炎やメニエール病に使われる薬だそうです。

今までと同じイソバイドシロップに加え、夜のご飯のときに一錠飲ませたのですが、
2日目と3日目に夜中に嘔吐してしまい中止しました。
その後、以前と同じイソバイドシロップだけに戻しました。


12月29日
日中はいつもと同じ感じ。薬を飲んで少し経つとよく眠るという印象。
この日の明け方、タジと私はリビングに寝ているのですが、布団の中でおねしょをしてしまいました。
その後片付けをしている横でうんちもしてしまいました。
今までうんち&おしっこは夜中でもきちんと教えたので、痴呆のような症状なのか色々な事が分からなくなってきたようです。

この日の午前中少し外出したのですが、帰宅するといつもリビングから庭に出る窓のところでおしっこしていました。
またその場を片付けているときに横でうんち。

朝の薬の後、夜の薬を飲ます少し前から症状が出てきて、目はまだ見えているようですが、壁という認識ができないようで、ぶつかってしまいます。
わたしが呼ぶと、最短距離で近づいて来てくれるのですが、途中壁があると壁にぶつかって動けなくなるといった感じです。


12月30日
朝5時ごろ起きておしっこうんちを庭でしました。
その後1時間ほど徘徊行動であちこち壁にぶつかったり、壁にぶつかり動けなくなり止まってしまい困った表情で立っているを繰り返しました。
足元がふらつき夕方になるとまた徘徊行動やふらつき行動がおき、サブとケンカしそうになりました。
ケンカする元気があるというより、サブが近づいてくるのが気に入らない様子。(サブがワンワン言うのが嫌なようでした。)


12月31日
サブが下痢をしたので病院へ。(皮下点滴、吐き気止め下痢止めなど)

先生にはタジの症状も話し対処を聞きました。
今飲んでいるイソバイドシロップの量を変えずに回数を増やす(3回で合計で60ml)
もしくは、回数を増やして量も少し増やす。
そのときの状況で多少量を変えていいとの事でした。

早速家に帰ってお昼に15ml飲ます。
朝夕の間に薬の飲ませたのがよかったのか夕方の徘徊行動はなくなりました。

良くなっている感じはないが、安定している様子です。

この日がタジの最後のお散歩になりました。
(サブが病院にいっている間にパパと近所を歩いたそうですが、あまり歩かなかったようです)


1月1日
31日の夕飯時に30ml飲ませただけだったので、また朝5時ごろふらふらと起き上がりおしっこは庭でしたが、
ウンチはケージの前あたりでしてしまいました。
朝ご飯時に飲ませ、またお昼ごろフラフラしだしたので、薬を飲ませたのですが、やっぱりフラフラしていたのでお散歩は中止しました。


1月2日
明け方、4時か5時ごろ、布団の中でおしっこをお漏らしてしまう。
その後布団から出たが、後ろ足に力が入らないようでヨロヨロ歩き壁に当たってバタンと倒れるを繰り返す。
ウンチに行きたいようだが踏ん張ることもできず部屋の中で少しウンチが出てしまう。
抱っこして庭に出そうとすると、抱っこした状態でウンチが出てしまった。

少し落ち着いたので薬を飲ませたが吐いてしまった。
1時間ほどフラフラして少し眠る。

今日は下記の量で飲ませてみる予定。
朝20ml

昼15ml

夕方20ml

夜15ml

合計が70で通常より10ml多い計算


ここまでの記述は、1月2日の朝、iphoneのメモに書いてあったものです。


このメモを書いた時点では、おしっこうんちのミスや、ふらつき等でタジ自身は痛かったり苦しかったりという症状が見られなかったので薬の量を増やせばある程度安定すると思っていました。
だめなら3日に病院に連れて行って薬をステロイドにチェンジかなと思いました。



しかし
この日の午後。

2時ごろだったと思うのですが、リビングから庭に出るところに段差があるのですが、バタンと落ちてしまう。
様子を見ていると今まで見えていた左目が見えない様子。


taji5602.jpg
写真は両目が見えなくなって、困惑している様子。急に両目が見えなくなりとても不安だったと思います。


明らかに目の開き方が違う。ソファなどあちこちぶつかる。
様子を見ながらぶつからないようタジが歩きたいところに歩かす。
そういえば朝からお水を飲んでいなかったように思い、フードボールから飲まそうとするが目が見えないのか飲むことができない。
薬を飲ませるために用意してあった注射器のようなシリンダーっていうのかな?水を少し口に含ませる。

その後

痙攣。

ギューっと痙攣し白目になってしまう。口から泡のようなものが出る。

その後横に倒れ泡を吐きながらハッハッハッと荒い呼吸。

病院に急いで電話をしすぐに連れて行く。
車に乗っている間中、ずっと真上を向いて手足をバタつかせる。息遣いも荒く目も白目が真っ赤に充血し黒目が上か下か忘れてしまったが変な位置にある。
呼びかけにも応えない。


病院に着きまずは酸素室にいれ呼吸を落ち着かせる。

家での状況を伝え、酸素室で少し落ち着いたら脳圧を下げるお薬を点滴にて投与するため夕方迎えに来てくれと言われ、いったん帰宅する。

状況は分からないが、暖かいリビングにケージを用意しておく。

連絡がありすぐに迎えにいくと、病院の中をフラフラ歩いていてやはり目は見えないようだ。呼びかけには応えているか良く分からないが声は聞こえている様子。

先生に「目は見えるのようになりますか?」と聞くと、
「目は見えるようにはなりません。今まで片目だけでも見えてたのが不思議なぐらい」と。

ショックは受けたけど、それよりも目が見えなくなったタジに負担にならない生活を送ってもらうにはどうしたらよいか色々考えていました。


比較的落ちついてパパに抱っこしてもらって家につき、ケージに入れ少し経つと、また首をギューっと伸ばして舌を出して荒い呼吸。
体をぐーーんと伸ばして立ち上がるような格好をしてそのままバタンと後ろに倒れてしまう。
ケージから出すと前足も後ろ足も力が入らず転がってひっくり返ってしまう。それでもあちこち動こうとしてしまう。

タジを抑えようとすると足をバタつかせて苦しそう。

途中何度か落ち着いたが落ち着いている時間は30分程。
ご飯を食べれるようなら食べさせてあげてくださいといわれていたので、お肉・ご飯・野菜をペースト状にしたものを食べさせると完食!
こんな風になってしまってもまだ食欲があるんだからきっと大丈夫と思った。

サブも落ち着かなかったので私以外の家族は12時過ぎに皆寝てもらう。

その後もずっと真上を向いて苦しそうに呼吸をし後ろにバタンと倒れてしまうので抑えたりしていたが、狭いケージの中だと私が入ると暴れてどうにもならないので、ケージから出してみるが歩いてはひっくり返りの繰り返し、何とか落ち着かせて伏せの状態になるのが朝までの間に30分間を三回ぐらいでした。

朝までそんな状態の繰り返し。

途中ケージの中で夜食べたご飯を全部吐いてしまい同時にウンチもお漏らし。おしっこも力を入れると出てしまう感じでした。

吐いた時は、片付けのためパパを呼んでタジを抑えていてもらいました。

それでも吐いて汚れた顔や汚れたおしりを蒸しタオルで拭くと気持ちよさそうな顔をしていました。


朝は少し落ち着いていましたが、定期的に発作のようにばたばたと倒れ、真上を向き苦しそうにハアハア。

朝ごはんはまったく食べず、病院へ。

前日の夜からこの日の朝までの様子を伝えたのですが、

酸素室に入れ呼吸が落ちついたら脳圧を下げる点滴とストロイドの投与しか方法は無いようでした。

午前中に一回午後一回の点滴をするのでまた夕方迎えに来てくださいと言われタジを置いていったん帰宅。

夕方迎えに行く時、
また昨日のように苦しそうにしていたら入院したほうがよいのじゃないかとか、
苦しがったらそれを止めるような強い薬があったらもらってこようなど、
パパと相談しました。
そしてお漏らししてもいいようにマナーベルトに挟む介護用の尿とりパットも買ってきました。 

迎えに行くと、壁に頭をくっつけてタジはボーっと立っていました。
呼掛けても反応がありませんでした。

先生は、なるべくご家族と一緒にいる時間を大切にしてください。と言っていましたが、まさかこの数時間後に亡くなると思っていなかったので、私は今後どのように家で過ごすのがタジにとっていいのか考えることで頭がいっぱいになっていました。


先生が、病院にいる間に缶詰のお肉を口につけたらペロッとした言っていたので、家で試したのですが、もう何も食べようとしませんでした。
ステロイドを投与したので、少しお水を飲ませてしばらくすると、
横になって吐いてしまいました。
娘が気づいてくれてお顔の周りと吐いたところを片付け、
それでもやっと穏やかに寝ているようだったのでそっとしていると、

娘が、タジの呼吸がへん!と気づき
その数分後
苦しまずに静かに息を引き取りました。


最後を家で迎えることができて良かったです。



苦しそうにしていたときも
先生は意識が朦朧としていて痛いとか苦しいとかは感じてないはずと仰っていました。

家族はそんなタジを見ているのが辛かったけどタジは本当に痛くなかったのかな?

タジはいつ頃まで私たちのことを認識できたのかな?

何かもっとしてもらいたいことがなかったのかな?

うちの子になって幸せだったのかな?

・・・・・・・・・・

まだまだ聞きたい事がたくさんあるけど、もうどうすることもできなくて悲しいです。


タジが亡くなってから部屋が広くなったようなきがします。
いつも一緒に寝ていたベッドもついついタジのスペースを空けて寝ちゃいます。
サブも寂しそうです。


また会いたいです。




category: 飼主の趣味

thread: フレンチブルドッグ★ライフ - janre: ペット

tag: 脳腫瘍  タジ 
tb: 0   cm: --

ありがとう タジ  

2015年1月3日

9月中旬に右目が見えない事に気づき、その後脳腫瘍と分かってから3ヶ月と少し、

タジが逝ってしまいました。

脳圧を下げるお薬でずっと安定していた病状も12月中旬頃から少しずつ悪くなり、

1月2日と亡くなった3日は、見えていた左目も見えなくなり、痙攣発作等々見ているのが辛いほどの状況でした。

しかし、お正月で家族が皆いる中でしたので、みんなでお世話ができ、

タジはこの時を待っていたのかなと思っています。


9歳と6ヶ月。
何とか10歳のお誕生日を迎えることができればと祈っていましたが、叶いませんでした。

タジを迎えた日が昨日のことのように思えたり、
病気になってからの3ヶ月がものすごく長かったように思えたり、
まだ気持ちの整理がついていませんが、
サブがいてくれるので助かっています。


タジが置いていってくれたたくさんの出会いのお陰で、
皆に励まされ、支えになってもらっています。
感謝感謝です。


タジを可愛がってくださって、タジを想ってくださって本当にありがとうございました。





taji5601.jpg






category: タジ

thread: フレンチブルドッグ★ライフ - janre: ペット

tag: タジ 
tb: 0   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。